« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

2015年6月22日 (月)

2015年6月Monthly Setter Interview

本日、2015622日(月)より、ライノ&バードのMonthly課題が新しくなります。今回のセッターはつっかーこと水口僚(みずぐちつかさ)さんです。久々の女性セッターですね!足技などを多分に交えたつっかーらしいテクニカルな課題を6級から1級まで計20本作ってくれました。ホールドも単に保持するというよりは、微妙なバランスで効かせるものが多いので重心移動や身体の入れ方が勉強になると思います。是非つっかーワールドを堪能しにきてください。

また今回もインタビューをさせていただきました。大学生でありながらコンペ・外岩・セッターと様々な方面のクライミングに力を入れるつっかーのアツイ想いが垣間見えるのではないでしょうか。お楽しみに!

 

 

Monthly Setter Interview

 

Interviewee:水口僚

1994年生まれ、21歳。通称つっかー。大学でスポーツマネジメントを学びながらクライミングに選手としてだけでなくセッターとしても力を入れている。コンペでは、ジュニアオリンピックカップで2度優勝、リードジャパンカップ長崎大会3位、ボルダリングジャパンカップ長崎大会4位、等々リードでもボルダーでも輝かしい成績を上げている。リード・ボルダー共にワールドカップに出場経験あり。その独特の雰囲気からファン多し。

Img_1877

Interviewer:植田幹也

 

 

-まず初めに、簡単なプロフィールを教えてもらえますか

 

生まれも育ちもずっと岐阜で、今は大学4年生でスポーツマネジメントを学んでいます。内容はスポーツ全般が対象で、経営のこともやりますし、心理学や生理学の授業もあります。ホームジムは魚動で、魚動ではたまにセットもしています。

 

-クライミングはいつ頃、どこで、どのようなきっかけで始めたのでしょうか

 

小学校4年生の時に、山登りが好きだった父親に誘われて「安八(あんぱち)スカイウォール」というところでリードクライミングを始めました。なのでクライミング歴は11年くらいですかね。小学校の内は父親に無理矢理連れて行かれてクライミングをやっていたようなものなので週1回程度しかやっていませんでした。それに実は私高いところが苦手なのですよね(笑)

中学に入ってから「X-Wall」というクライミングジムでボルダリングを始めたのですが、ボルダリングはリードと違ってすごく楽しくて自分から進んでやるようになりました。ただ、中学の時は塾や部活が忙しくて週に2回程度しか登っていなかったですね。

高校に入ってからはようやく時間が出来て、週に5,6日は登るようになりました。平日はボルダーをやって、土日はリードをやってという感じですね。

魚動ができてからはホームジムを魚動にして登っていて、時々セットにも入らせてもらっています。

 

-あれだけリードで成果を上げているのに高いところが苦手というのは面白いですね

コンペや外岩の主な成果も教えてもらいますか

 

リードではジュニアオリンピックカップで優勝が2回、リードジャパンカップ長崎大会で3位、ワールドカップでは去年の印西で16位ですね。ボルダリングではジャパンカップ長崎大会で4位で、ワールドカップに出場はしていますが予選落ちです。

ボルダリングメインで練習していますが、なぜかリードの方が成績が良いんですよね。

外岩ではリードはほとんどやらずボルダーがメインですね。最高グレードは二段です。

 

-ありがとうございます

今のお話を聞いた限りでもボルダーとリードの両方をやる上に、コンペ・外岩・セットと色々な方面に力を入れていますが、それぞれの優先順位はどのように付けていますか

 

今一番重視しているのはボルダーとリードのコンペですね。なのでコンペシーズンは岩は我慢して、コンペシーズンの隙間で岩へ行っています。よく行く岩場は下呂や瓢ですが、この2つの岩場は冬に登ることが難しいので冬の時期は豊田にも行きますね。ただ豊田の花崗岩は指にかなりくるのでたくさんは登れないですが。

セットはお願いされたときにちょこちょこと入っている感じです。セットに関する技術などは大学生なってから魚動の穣さん(山口穣 魚動のオーナー)に教わりました。

 

-コンペに向けて特別なトレーニングは何かしていますか

 

コンペに向けて特別なトレーニングは実はあまりしないです。しっかりと登り込むだけですね。コンペのことを考えすぎると怪我をしたり、精神的にナイーブになったりしてあまり良いことがないので考えすぎないようにしています。私はカチラーで指登りになり易く慢性的に腱鞘炎になっているので怪我には特に気を付けないといけないです。

普段通り平日は3時間くらいで集中して登って、土日は休み休みのんびり6時間とか登る感じですね。

 

-コンペはメンタルが本当に重要なので、そのコントロールは難しいですよね

外岩で印象に残っている課題はありますかね

 

印象に残っているのは下呂の「ドーラ」という二段の課題です。長いルーフを男らしいムーブで登っていく下呂を代表する課題です。魚動の穣さんが初登なこともあって、魚動クライマーの中では登竜門的な位置付けになっています。結構苦手系の課題だったのですが、魚動のみんなも登っているので去年のオフシーズンにトライしてみました。4,5日打ち込んだ結果、登ることができました。

 

-その話を聞いただけでも、ドーラがすごく登ってみたくなりました。良いですね

今目標にしている課題はありますか

 

丁度先週、下呂の開拓に穣さんに連れて行ってもらったのですが、そこで高さ5mくらいあるハイボールのフェイスでカチのラインを見つけました。まだムーブやシーケンスも全く解決されていないですが、初めて自分で苔まみれから掃除をしたラインなのでこの課題を登ってみたいですね。

 

-女性セッターとして意識していることや、他の女性セッターに伝えたいことなどは何かありますか

 

例えばジムに男性セッターが作成した遠いムーブやパワーを使う課題があった場合「これは遠くてパワーが必要な男子課題だからできない」と考えてしまう女性クライマーは多いと思います。でももしその課題を作ったのが女性だとしたら「この課題を作ったのは女性だからもしかしたらできるかもしれない」と思ってもらえるかもしれません。それだけでも女性セッターとして何か意味はあるような気がするんですよね。

もし女性でセッターを目指している人がいたら、私もまだまだ人に何かをアドバイスできるような身じゃないですけれど、とりあえず課題を作ってみたり何でも良いから始めてみて良いと思います。私も今思い返すと最初の頃はヘンテコな課題やクソみたいな課題ばかり作っていました(笑)。でもきっとやってるうちにだんだんとわかってくるものなんだと思います。

Img_1865

-影響を受けたクライマーはどなたかいますか

 

さっきから何度も話に出て来ていますが、穣さんですね。開拓も含め岩に連れて行ってもらったり、セットも教えてもらったり、コンペ前のナイーブな時期に話を聞いてもらってメンタル的にもサポートしてもらったりと、色んなことでとてもお世話になっています。穣さんはすごい明るいので、一緒にいると元気をもらえますね。実は魚動の前にエックスウォールで穣さんのことを知っていたのですが、その時は怖い人だと思っていたのであまり接点はなかったです(笑)

 

-確かに穣さんも開拓もセットも経営も色々とマルチにやっていてすごいですよね

では本題に入って今回のマンスリーについてお話を伺います

全体的にどのようなことを意識して作りましたか

 

足技を使うムーブをたくさん取り入れてみました。トウフックやヒールフックなどテクニカルなムーブが多いですね。足順などもかなり工夫して作ってみました。

関東はグレードが全体的に甘目なイメージでしたが、ライノやフィッシュのグレードはそれと比べるとやや辛いと感じます。でもそれで丁度魚動と同じくらいのグレード感なので課題は作り易かったですね。

 

-オススメ課題を教えてください

 

簡単めな課題ではルーフの5級の5番ですね。足自由の課題ですが、手順が少し複雑でクロスが多いです。身体をしっかり入れて足を先行で振ったりなど、身体の使い方を考えないと登れない課題だと思います

中級者向けには100度の4級の7番がオススメです。この課題も足自由ですが悪い向きのホールドを使ってトラバースしていきます。重心をしっかり移動させていって、良い身体の位置を見つけると女性でも楽に登れるんじゃないでしょうか。

上級者向けのオススメはルーフの1級の19番です。足先行で身体をクルっと回したりするトリッキーな課題です。私はルーフや多面体など足技を使える壁が好きなんですよね。この課題は抜け口にも薄いホールドが付いているのですが、相当狭いので身体をうまく畳まないと登れないと思います。男の人だと特に狭いので、色んな工夫をして登ってみてください。

 

 

 

-いつも大きいホールドをパワーで抑え込みがちなライノクライマーには新鮮な課題だと思います。ありがとうございます

では最後に今後の目標についてお話を聞かせてください

 

今シーズンは指を怪我しているので、代表権はありますがリードワールドカップには出場しません。その分国体では上位に食い込みたいと思います。去年はボルダーで個人1位、リードで個人2位、チームでは総合4位でしたので、今年はチームで表彰台を狙います。秋にはフォンテーヌブローに行くのでそれまでに登りたい課題を見つけて、成果を出したいですね。

 

コンペは若い内しかできないと思っているので今はコンペ中心ですが、将来的にはもっと岩に行きたいと思っています。クライミングが一番好きなのでセットももっと勉強して、出来る限りずっとクライミングは続けていきたいです。

Img_1878

|

2015年6月 6日 (土)

2階セットのお知らせ

2015年6月15日(月)にライノ&バードの2階のセットをします。
それに伴い

・前日の14(日)は18時から2階ボルダーエリアをクローズし、初級RaBoも中止とさせていただきます
・セット当日の15(月)は終日2階ボルダーエリアをクローズさせていただきます

毎回初級RaBoを楽しみにしている方、申し訳ありません!
新しい2階で登っていただけるのは16(火)からとなりますので宜しくお願い致します。
お楽しみに!

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »