« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月19日 (金)

チョークバックも新入荷です☆まだチョークバックを持っていない人や、そろそろ新しいチョークバックに変えたい人などはお早めにGETしましょー!

                 ↓今回入荷の商品をご紹介↓

Dolomite2

DOLOMITE CLIMBING BAG ¥3780- (ライノ会員¥3600-)

メーカーのリサイクルバナーを使用して作られているため全て一点物でございやす。しかーもオールハンドメイド!基本的には腰型のチョークバック。四角い形状のため地面に置いた時に自立するから便利!手を入れる中生地も可愛ゆいゆい☆

続きを読む ""

|

2013年4月18日 (木)

SNAPマットが新入荷!

               ↓SNAPボルダーマット新入荷しました☆↓
SNAP BUN ¥25200- (ライノ登録者⇛¥24000-)
お値段も質も重さもオールリニューアルされた新作のBUNが入荷です。大きめのマットなので少人数で岩場に行く時には重宝します。落ち心地はフランスベットを上回る気持ち良さなので落ちたくならないように注意しましょう!

Bun2

そして裏面は滑り止め生地になっているので傾斜のあるランディングも滑りにくくなっています。また水気や汚れも拭き取れば綺麗になります。クライマーの痒いところに手が届く考えられたマットです!しかもお値段がこのクオリティー、このサイズで25200円!これは安い! Photo

Photo_2

マットサイズ↓
OPEN 125×100×12cm
CLOSE 60×100×35cm

                   ↓そしてコチラも入荷です☆↓
SNAP TOAST ¥13125-(ライノ登録者⇛¥12500-)
なんと驚きのこの価格!「もう・・・唖然!」という言葉はこのマットの為に作られたのでしょう。大きさ&厚さも満足サイズ。デザインGOOD!大人数でマットが多い時や。御嶽、小川山など人気エリアなどに持って行く時に重宝することでしょう。今まで友達のマットの上に、申し訳なさそうに落ちていたアナタも、これをGETすれば心置きなく落ちまくれます!

Photo_3

                         ↑肩がけナウ!

Rb

                     ↑この満足感にR☆Bスマイル

Photo_4

              ↑テンションがついに上がったROCK☆BRIDGE!

マットサイズ↓
OPEN 100×100×8cm
CLOSE 50×100×16cm

|

2013年4月 4日 (木)

JFA団体会員加入および更新のススメ!

Ogawa001


ライノ&バードでは日本フリークライミング協会(JFA)への2013年度団体加入を受け付けています。

まずは JFA入会のお願い をご一読いただき、JFAの活動にご賛同いただけるようなら是非ご検討ください。

昨年度は1年間JFAのオブザーバーとして会議に参加したり、機関誌であるフリーファンの記事を少しだけ担当させていただいたりと、この業界に入ってから初めてJFAの活動の中身を垣間みることが出来た1年でした。

活動の中心であるアクセス問題絡みの交渉やリボルト作業に行った訳ではないので、現場に関わる委員の方々の苦労は会議での報告で知ることしか出来ませんでしたが、先が見えない交渉と、明らかに資金も作業員も足りていないリボルトや岩場整備の現状を知ることができました。

ここ数年、急速にクライマー人口が増える中で、現状ではJFA加入者が伸びているとはいえ、比率的には低下しているのは明らかです。日本の岩場資源は限られています。

岩場を守るために出来ることは色々あると思いますがJFAへの加入は、その方法の1つとして1番シンプルな方法だと思います。

新規加入および更新ともに5月31日まで受付いたしますので、スタッフまでお気軽に申し出てください。

|

2013年4月 1日 (月)

3月のLOVE THE CLIMB

3月のLOVE THE CLIMB 順位発表です!

Ltc_top

今回の縄重ミクミク課題は楽しんで頂けましたでしょうか?山梨の暴風は皆様味わえましたでしょうか?衝撃が大き過ぎて全てが吹き飛んでしまった人もいらっしゃるでしょが!

結果発表をさせて頂きます↓

1位:タサキユイコ
       タマキアイダ
3位:オオサワサキコ
       ナカタマナ
5位:みる姉
6位:タナカヒロミ
7位:イシカワアズサ
       シカクラカズハ
9位:永添美穂
10位:イチバミチオ

たくさんスタンプを押しまくって賞品GETを目指しましょう!

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »