« FIVE.TENシューズ値下げ! | トップページ | 湯河原幕岩 茅ヶ崎ロック “最高カンテ”の状況(4/6追記) »

2011年4月 6日 (水)

青葉の岩場に大規模な地震被害

日本フリークライミング協会ウェブサイトに、福島県青葉の岩場の情報が寄せられています。

転載致しますので、ご一読の上ご注意ください。

以下、JFA-NEWSより転載

* ブログ「子鹿茶房」(http://kojikasabou.blog45.fc2.com/)に、福島県の青葉の岩場の状況が報告されています。岩場そのものが大きく崩壊したわけではありませんが、亀裂、小規模な崩壊が各所に見られるようですし、アプローチにも上部からの大きな落石があります。

* 詳細はブログをご覧ください。また以下は、ブログ管理人の方からのメールで、ブログ内容の補足です。

まず、大崩落のあった場所は課題がなく手前の広場エリア、さらに奥の“カエルの喉ちんこ”あたり、“グライド”のあるエリアはほとんど被害がないように思いました。

南のエリアに関しては“野獣死す”、“青葉ビバーク“に剥がれ落ちた箇所があり、終了点付近の岩も若干浮き出しているようですのでかなり危険だと思います。

ファイナルロックはブログの通りハング辺りが剥がれているのと、向かって左の所でも多少の落石がありました。

どのエリアも登れそうな気はしますが、一目では安全かはわかりません。安全のライン引きは私一人の意見では何とも言 えませんが、余震があるうちは近寄らない方が良いのでは?と思います。実際、崩落した岩自体は砂岩なこともありかなり脆く軽い力でも割れてしまいました。 そして今後の余震でまたどこがどう崩れるのか予測出来ないです。

幸いにも青葉のシーズンはそろそろ終わりですし、今現在の放射能問題の中あえて来られる方もいないとは思いますが……。

* 上にもあるように、当面訪れる方はないと思われますが問題はその後です。岩質から考えても、将来的に岩場として利用を再開できるかどうかは、十分な調査と確認の上でないと判断が難しいものと思われます。

(11/04/05)

|

« FIVE.TENシューズ値下げ! | トップページ | 湯河原幕岩 茅ヶ崎ロック “最高カンテ”の状況(4/6追記) »

告知」カテゴリの記事