« BLoC2010 START! | トップページ | 河又の岩場 9/18に解禁 »

2010年9月15日 (水)

伊豆城山クッキングワールドの現状

これからシーズンに入る伊豆城山の情報がJFAウェブサイトに掲載されていましたので転載します。

以下、JFAウェブサイトより

* 同エリアの“始の辣韮漬”(5.9)付近で、何らかの地質あるいは土木関係の調査が行われていると言う情報がJFAに寄せられましたのでご紹介します。

9月3日、クッキングワールドの“始の辣韮漬”の取り付きに辿り着くと、「崩壊調査につき触れないでください」という白いプレートが足元に張ってあり、釘が1本と釘の周りに赤いペイントがしてありました。

終了点に上がってみると、“トマッテー”(5.10b)と“始の辣韮漬”の終了点から約1メートルほど上部、岩と土との境界近くに釘が打ってありワイヤーが巻かれていました。さらにそのワイヤーの先には、緑色のコンテナボックスが設置されていました。

上から終了点を見下ろした場合、左手(狩野川側)の木の中に真新しい木材で足場を作ってありその上にボックスがあります。釘の周りに赤丸と赤で矢印があり、ワイヤーを保護する為の灰色の塩ビ管もあります。ここにも「崩壊調査中」という白いプレートがありました。

* 現状では調査の目的など具体的なことは不明ですが、今後同エリアの終了点に上がる場合、安全上こうした調査用のワイヤーなどに注意して行動してください。また、調査器具類に損傷を与えるようなことのないようお願いいたします。

(10/09/06)


* その後、同エリアの開拓者である国分誠氏が確認したところ、以下のことが分かりましたのでお知らせいたします。

クライマーが岩場に亀裂があることを行政に報告したため、行政が業者を使い調査に乗り出したようだ。この調査は来年3月までで定期的にデータを取るとのこと。クライマーに対する規制はないが、足元に注意することと、計測器類に触れないよう注意してほしい。

(10/09/11)

|

« BLoC2010 START! | トップページ | 河又の岩場 9/18に解禁 »

告知」カテゴリの記事