« 伊豆城山クッキングワールドの現状 | トップページ | オチRaBo! »

2010年9月15日 (水)

河又の岩場 9/18に解禁

登山道整備イベント等で話題になった河又の岩場が9/18(土)に解禁となるニュースがJFAウェブサイトに掲載されています。

以下の転載文をよくお読みの上で今後登攀禁止になることのないよう、一人一人が安全管理、ルール、マナーを厳守してご利用ください。

以下、JFAウェブサイトより

* 昨年11月から立入が禁止されていた名栗・河又の岩場の登山道整備が完了しました。JFA では現地確認と各方面への挨拶を行ない、9月18日(土)に立入禁止を解除する決定をしました。以降、河又の岩場でのクライミングが可能になります。

* クライミングを再開するにあたっては、必ず下記の「河又の岩場利用のあたっての注意事項」を良く読み、安全管理に努め、ルール、マナーを厳守して、自己責任の下で利用してください。

[一部の支点等について]

  • 「大五郎」や「ドラゴンストリート」は、これまで1本目のボルトに長いスリングがついており、ロープの流れを調整していました。しかし、スリングの劣化が激しかったため、これを撤去しました。近日中に、往来の1本目より下に新たな支点を打ち足し、今後は各自が自分のスリングで調整するように改める予定です。リボルトが終了するまで、これらのルートは極力控えてください。
  • 「ミヤザキミドリ」の中間部にあるスリングも、同様に劣化が激しかったため、新たな支点を打ち足しました。
  • 「デンジャラス」の終了点の木が枯れかかっていたため、新たなラッペルステーションを設置しました。
  • JFA では、極力オリジナルの支点を変更せずにリボルトを行なっていますが、木を終了点にしているものは、木が枯れかかっていたり、根の成長により浮き石があったりするため、また、スリングは劣化が激しいため、今後新たなラッペルステーションや支点を設置していく予定ですので、ご了承ください。

[河又登山道整備基金へのご協力のお願い]

* 皆さまのご支援により、河又の岩場・登山道整備基金には、現在までに30万円を超える寄付が寄せられています。しかし、実際に登山道を整備してみると、当初の予想よりも短い区間で資材等を使い切り、荒廃した登山道を完全に再建するには至りませんでした。

* 幸い最も危険と思われる区間は再建できましたが、様子を見ながら数年後には第二期の整備事業を検討したいと思います。このため、引き続き登山道整備基金への、皆さまからのご支援、ご協力をお願い致します。また、合わせまして、まだJFA の会員になられていない方は、ぜひこの機会にご入会ください。

* ご協力いただいた支援金は、受付期間終了後にウェブサイトや会報誌「freefan」にて公表させていただきます。なお、匿名を希望される方は、下記問い合わせ先まで、メールにてその旨お知らせください。

問合せ:日本フリークライミング協会
Mail:japan_fca@yahoo.co.jp

河又の岩場利用のあたっての注意事項

[駐車場]

クライミングで駐車する場合は、必ず河川広場もしくは無料駐車場の道路を挟んで反対側にある、だんご屋の駐車場を利用してください。また利用にあたっては、利用時間を守り、駐車場管理者の指示に従ってください。

トイレ前にある無料駐車場に長時間駐車すると、トイレを利用する人の駐車に差し支えるため、利用しないでください。

 河川広場 一日一台:500円 午前8時~午後6時半

 だんご屋の駐車場 一日一台:500 円

  • だんご屋の駐車場は、家の人に声をかけ、かならず車のキーを残してください
  • 利用時間を厳守してください
  • 河川広場駐車場の管理人が不在の場合は、料金箱(設置予定)に正しく料金を収めてください。

[利用マナー、ルール]

  • 火器厳禁(喫煙される方は特に注意)
  • むやみに樹木をいじらない。また、伐採は厳禁
  • ゴミは必ずすべて持ち帰る(タバコの吸殻も)
  • 用便は必ず指定されたトイレを利用する。あるいは携帯トイレを利用する
  • 地域の人に出会ったら一声挨拶をする
  • 事故をおこさないように最大限の注意をはらい、自己責任の下で処理する

 注意事項PDF版 ダウンロード
 解禁のお知らせPDF版 ダウンロード

(10/09/15)

|

« 伊豆城山クッキングワールドの現状 | トップページ | オチRaBo! »

告知」カテゴリの記事