« outdoor bouldering school report. | トップページ | 2009年もありがとうございました。 »

2009年12月10日 (木)

TEAM 5.10 !

Dsc00162

まだかまだか!?と言われていたFIVE.TENのNewモデルTEAM 5.10が早期入荷しました。店長も興奮気味です!

僕は夏からこのシューズを使ってまして、先月のヨセミテツアーでも勝負靴として活躍してくれました。以下にそのレビューをば。

TEAM 5.10 ¥16,500-

ソールはMystique3.5mm。そして大きく爪先を覆う2mmのトウラバー。フィッシュフック(釣針型)ミッドソール。
この3点が影響しあって、素晴らしい性能を実現しています。
ソール面の状況把握がしやすく、足指の入力に対しダイレクトに反応してくれますので、点で乗り込むような使い方も、足指で掴むような使い方も非常にコントロールしやすいです。
アッパーの高剛性とソールのダイレクト感が絶妙なバランスを生み出してる感じです。足指が使えている人にとっては最高に使える爪先に仕上がってるのではないでしょうか?

V10やJET7のHFソールと比べ、フリクションはどうなんだろう?と心配していたものの全く問題なく安定して高いフリクションを得られます。極小エッジに乗ってもラバーがよれる感じもとくにありません…Mystique恐るべし。

Dsc00163

また左右非対称のヒールカップがいい。過去発売されたドラゴンタイプのシューズでは最高にフィット感がよいのではないでしょうか?ベルクロの効果もあって、繊細なヒールフックもコントロールしやすく、脱げにくい。内側のラバーに空けられたスペースが踵をしっかりキャッチしてくれます。

総括しますと…高性能でありながらオールマイティなJET7に対し、TEAM 5.10 はよりデリケートな足使いを要求される課題に向いているシューズというように感じます。この2足はタイプが違うシューズです。岩質や課題のタイプによって履き分ける楽しさがありますね。
確実に言えることは「V10好きは履いて損なし!」でしょうか。


RaBへの入荷サイズ※はUS7.5~10.0の各2足です!
次回入荷は数ヵ月後なので早いもの勝ちですよー♪


※…サイズは個人差がありますが、僕の場合JET7がUS6.5でTEAM 5.10がUS8.0を使用しています。ご参考までに。

|

« outdoor bouldering school report. | トップページ | 2009年もありがとうございました。 »